しげ爺さんの京都つれづれ

のほほ~んとみほとけなど見て歩く今日この頃のこと

老舗の佇まい

古代珍裂(ちんぎれ) 「ちんぎれや」

DSC01236
東山区縄手通三条南入るにある「ちんぎれや
明治35年創業の古代珍裂商は、古い町家のほのぼのとした佇まいを残しています。

江戸時代~明治時代の古い「きれ」や反物を扱うお店。
このような商いが成り立つのも京都ならでは。
手芸材料として使ったり、古い端裂をそのまま額に入れてインテリアにしてみたりと楽しみ方はさまざまです。







DSC01237
専門的価値の高い古代珍裂を使った巾着や、がま口などのオリジナル小物もショウケースに並んでいて見るだけでも目の保養になります。

古門前通り 「てっさい堂道具店」

DSC01235
「てっさい堂道具店」は骨董屋さんや美術商が軒を並べる、祇園古門前通りの西の端、大和大路に出る少し手前にあります。

「多くて楽しい道具の店 お気軽にお入りやす」の看板は、文人 武者小路実篤の書だそうです。

馴染みのないものにとって、骨董品屋は敷居が高そうに思えて、中に入るのも気後れするのですが、こちらはそうでもなさそうです。





DSC01233
中を覗けば、古伊万里の器や、漆器、ガラス製品などが所狭しとぎっしり積み上げられています。
お値段もピンからキリまで。
お気に入りの豆皿など、堀出しものを探すのも楽しいかもしれません。

菓子屋と蕎麦屋 「河道屋」

晦日庵江戸中期ころまで、そば打ちは菓子屋の仕事であったといいます。なぜならば菓子屋には粉を扱う技術と道具が揃っていたからです。それが江戸時代中期以降、蕎麦屋は蕎麦屋、菓子屋は菓子屋と別れて発達していきました。
ところが京都には今でも蕎麦屋と菓子屋の双方を営む老舗があります。

x63元禄時代創業の河道屋はそのひとつ。そばの部門が「晦庵河道屋」、菓子の部門は「総本家河道屋」と分かれていますが経営母体は同じです。菓子はそば粉を用いた「蕎麦ほうる」一種類のみです。子供のころから「そばぼうろ」はおやつとしてよく食べていて、なじみ深いお菓子です。

舞妓はん御用達 京履物 「ヽや」(ちょぼや)

DSC01082
四条の花見小路を北に上がったところに、それはそれは可愛らしい京履物のお店があります。
その名も 「ヽや」と書いて「ちょぼや」とよみます。
舞妓さんのこっぽりや草履を扱っているお店だそうです。
祇園町らしいほのぼのとした佇まいがとてもいいのです。


DSC01084
http://habijiji.cocolog-nifty.com/sampo_/2010/12/post-0015.html
 こちらのサイトに原田泰治画伯の描いた「ちょぼや」さんの絵があります。
比べてみてください。30年以上も前の絵だそうですが、よ~く見るとわたしの撮った画像にも、画伯の描いた絵とおなじように店番をしているおじちゃんが写っています。


東山区 問屋町通り その3 豪商「柏原家」住宅

DSC01010

問屋町通りを「晴鴨楼」からさらに南に歩いていくと、豪商「柏原家」の風格ある町屋造りの旧邸が見えてきます。
1645年現在の場所に居を構えた柏原家は、扇子や小間物の行商から始め、木綿や漆器などにも商売を広げ、巨大な富を築きました。
明治時代に、柏原家は東京へ移住しましたが、残された町家の文化を多くの人々に伝えるべく、
「洛東遺芳館」として春と秋の年2回公開されています。




DSC01006




残念ながら今の時期は非公開ですが、外観を見るだけでも江戸時代の豪商の面影を偲ぶことができます。








東山区 問屋町通り その2 「晴鴨楼(せいこうろう)」

DSC01015
「半兵衛麩」から問屋町通りをもう少し南に行ったところにある 「晴鴨楼(せいこうろう)」

行商人や清水寺などへの参拝者らを泊める旅籠として1831(天保2)年に創業されました。
「晴れた鴨川のほとりに立つ楼閣」という意味があるそうです。



DSC01017

中庭の見える和室、高野まきを使った大浴場、大正ロマンの薫る応接室など、木造家屋のぬくもりがあふれる老舗旅館として多くの人に愛され続けています。

東山区 問屋町通り  その1 「半兵衛麩(はんべいふ)」

DSC01014問屋町通り(といやまちどおり)は川端通から1本東に入った南北の細い道、しかも五条通りから正面通りまでのたった400mしかない短い裏通りです。
この通りは江戸の昔から問屋さんが軒を連ね、活気あふれる所だったようです。
いまも当時の面影を残す趣のある建物がちらほら残されていてとても興味深い通りです。


DSC01011五条通りから南に下がるとすぐ半兵衛麩(はんべいふ)が見えてきます。
創業が元禄二年という歴史ある麩屋で、多種多様な麩、生麩、湯葉などを買うことができます。
完全予約制の「むし養い」という料理を茶房でいただくこともできるそうです。
「むし養い」とは腹の虫をなだめるための軽い食事のことですが、お麩や湯葉をふんだんに使ったコースは大人気なんだとか・・・うう~ん!食ってみたい

老舗の佇まい 「澤井醤油本店」


DSC00978

御所の西、中長者町通と新町通の西北角に位置する「澤井醤油本店」

創業は明治十二年、京町屋のどっしりとした店構えと白壁の土蔵の佇まいがその歴史を物語っています。

国産の原料と昔ながらの手法・道具を使った醤油造りを続けており、頑固に守りつづけた味を今に伝えています。

DSC00976







一度出来上がった生の醤油に、再び大豆と小麦を入れて熟成させた「二度熟成醤油」は、二年の熟成期間を費やした逸品です。


新町通りに面して市内では珍しい蔵のある風景が見られます。

林忠次郎商店 「泉川酢」

DSC00982
上京区新町通寺之内上ルにある林忠次郎商店は、江戸末期の創業、現在四代目という老舗のお酢屋さんです。

先日紹介した「孝太郎の酢」のごく至近距離にあるのです。

うっかりすると見落としてしまいそうな店先で、昔ながらの手づくりのお酢を小売してもらうことができます。

P1000935
防腐剤は使わず、創業以来受け継がれている加熱しない工法で造られる「生酢」は実にまろやかで、酢本来の風味が楽しめます。

京都の料亭やお寿司やさんに卸されていて、一般には販売されていないため、ここてしか買えないみたいです。


老舗の佇まい 「孝太郎の酢」

DSC00661

「孝太郎の酢」は西陣の裏千家の本部の少し東に位置します。

創業以来約170年に亘りお酢一筋に商いをしてきた老舗です。

お酢に適したこの地の名水と、厳選した国産米を使用して、伝統的な製法を守られています。
こちらの酢は添加物を使わず、自然のまま半年から一年の間も熟成させた本物の醸造酢です。



200812_01

店舗は昔ながらの町家造り、内部は歴史を感じさせる大黒柱や梁があり、京都市から歴史的意匠建造物の認定を受けています。

リンク
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。↑応援クリックをお願い致します。


しげ爺さんの竹工芸倶楽部

フェイスブックページはこちら しげ爺の見仏記

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター

    livedoor 天気
    プロフィール

    しげ爺さん

    年齢*半世紀以上
    趣味*もちろん竹工芸
    住所*京都の西山の麓
    特技*たけのこ堀り
    似ている人* 阿藤 快
    好きな食べ物*はならっきょ
    嫌いなたべもの*高野豆腐

    • ライブドアブログ