古本まつり
 毎月15日の手作り市で有名な百万遍知恩寺で、京の三大古本まつりのひとつ「秋の古本まつり」が開催され多くの人で賑わっている。
府内の古書店でつくる「京都古書研究会」が主催。
境内には16店から出品された20万冊にも及ぶ古書が所狭しと並んでいる。


ちなみにあと二つの古本まつりとはゴールデンウイーク開催の「春の古書大即売会」(於:みやこメッセ)とお盆開催の「下鴨納涼古本まつり」(於:下鴨神社境内)である。

古本まつり2




ジャンル別にはあまり整頓されていないので膨大な本の中からお目当てを探し当てるのは至難の業だが、秋空の下、のんびりと掘り出し物を求めてウロウロするのはとても楽しいひとときだ。