ひきちぎ餅

京の町に古くから伝わるひな祭のお菓子の定番「ひちぎり」
下の餅の部分を引きちぎるようにして作るため「引きちぎり」から名付けられたのだとか。
なるほど下の餅の部分の一箇所が引きちぎられたような形になっている。
宮中での祝儀に用いられた「戴き餅」に餡を載せたものともいわれているようだ。
この時期百貨店にいくと、菓子屋により千差万別、さまざまなバリエーションの「ひちぎり」が売られている。
老松のものは、ピンクのねりきりと緑のよもぎ団子のうえにそれぞれきんとんを載せたものだった。
ちなみに今年初節句を迎える我が家の孫は「ひちぎり」ではなく雛ケーキで祝うようだ。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ←ブログランキングに参加中。応援クリックおねがいします。