お練

阿弥陀如来像と数々の楽器を携えた二十五菩薩像を祀る泉涌寺の塔頭「即成院」

毎年十月第三日曜日には「二十五菩薩お練供養法会」がおこなわれる。

 極楽浄土に見立てた本堂と現世に見立てた地蔵堂との間に長さ約50メートルの橋が渡される。
来迎和讃が響きわたり、大人から小学生までの二十五人が扮する菩薩様が橋の上をゆっくり練り歩いていく。その姿は阿弥陀如来の来迎によって極楽浄土へと導かれる様子を表しているのだそうだ。


にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ←ブログランキングに参加中。応援クリックおねがいします。