一保堂


数多い日本茶の名店のなかでも、ひと際名を馳せる享保2年(1717年)創業の「一保堂茶舗」
寺町二条にある本店は、威風堂々の店構えです。
そしてその包み紙もまた老舗ならではのセンスの良さが光ります。
なんと漢文で書かれた世界初のお茶の専門書「茶経」がそのままパッケージとして使用されているのです。
シンプルでありながらこの品の良さ、大切な方への我が家の贈り物は、この包み紙で決まりです。