P1010292石清水八幡宮表参道一ノ鳥居前にある「やわた走井餅老舗」

門前茶屋の面影を残した風情ある外観が目を引きます。

走井餅は江戸時代中期に大津で創業、湧水「走井」を用いて、初代井口市郎右衛門正勝が餡餅を作ったことに始まります。





P1010305この大津名物走井餅は、明治43年(1910年)6代井口市郎右衛門の四男嘉四郎によって、石清水のふもとへ引き継がれました。ほどなくして大津の本家は廃業。したがって八幡のこの店が直系唯一の走井餅だそうです。(現在、大津に「走井餅本家」という菓子屋があるが直系ではないのか??)
こし餡をやわらかい杵つき餅で包んだどこか懐かしい味わいのお菓子です。