DSC00843
大悲閣は渡月橋の南詰めから大堰川(保津川)の南岸辺の小道を上流に向かって約1キロ遡り、そこからつづら折りの石段を登りつめたところにあります。
嵐山一帯は芋を洗うような大混雑ですがこのあたりはとても静かです。
←大悲閣に向かう道すがら、大堰川(保津川)の南岸からの眺め
紅葉がとても綺麗です
       
DSC00829
大悲閣は今にも朽ち果てそうな悲惨な佇まいですが、京都市内を一望する大パノラマは圧巻です。
晴れた日には比叡山、清水寺や仁和寺がはっきりと確認できます。
寺の周りはもみじに包まれて例年ならばとても美しいのですが、今年の色づきはいまひとつでした。

花の山 二町のぼれば 大悲閣   
                  芭蕉