しげ爺さんの京都つれづれ

のほほ~んとみほとけなど見て歩く今日この頃のこと

京の隠れ里 越畑の十割そば

越畑2愛宕山の北、地蔵山のふもとに位置する右京区嵯峨越畑地域は、南丹市八木に程近いのどかな山間集落。

「にほんの里100選」にも選ばれたという800枚もの美しい棚田の景観でも知られている。

地元の有志で運営される都市農村交流施設「フレンドパークまつばら」は知る人ぞ知る十割そばの名店でもある。

越畑「挽きたて・打ちたて・ゆがきたて」の
十割蕎麦
本日「天おろしそば」をいただく
さくさくの新鮮地元野菜の天ぷらと大根おろしでいただく風味豊かな十割そばは大満足の美味しさだ。


にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ←ブログランキングに参加中。応援クリックお願いします。

「北大路おたぎ」7月の料理から

おたぎ7月

月に一度のお楽しみ、「北大路おたぎ」さん、
今月も心づくしのおまかせコース、ごちそうさまでした。
「おたぎ」さんの旬の野菜や魚料理がすばらしいのはもちろんですが、コースの中には一品は肉料理が登場、
ときに和風ビーフシチュウであったり、趣向を凝らしたハンバーグであったりと・・・
わくわく感が高まるひとつの要素となっています。
今月の肉料理はなんとローストビーフのにぎり寿司
味噌ベースのたれにわさびが利いてお見事!とても美味しかったです。
添え物のきゅうりは祇園祭期間中なので八坂神社の御紋といわれる中心部分が切り抜いてあるのだそうな。


にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ←ブログランキングに参加中。応援クリックお願いします。

「おおきに」さんでキグチ

キグチ
中京区御前通り松原下ルのお気に入りすし店「おおきに」さんの創業15周年祭にいく
たいしょうが腕によりをかけた特別メニュー全八品がお手頃価格
ごちそうさまでした!
←こちらはあまり馴染みのないキグチというお魚の香草焼き 
スズキの仲間の白身魚、脂ののった旨みが最高 生まれて初めてのおいしさだ
キグチ2
黄愚痴と書いてキグチだそうだ
口はわずかに受け口、体色は黄色を帯びた銀白色
日本では入荷が少なく知名度が低いが、中国や韓国ではなくてはならないポピュラーな魚だそうだ


にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ←ブログランキングに参加中。応援クリックお願いします。

京都三弘法まいり

三弘法「京都三弘法参り」は弘法大師空海にゆかりの深い東寺、仁和寺、神光院にお参りするもので、江戸時代中期に広まった風習。
東寺で菅笠、仁和寺で金剛杖、神光院で納札箱を授かり、それらを身に着けて、四国八十八ヶ所霊場遍路修行にでかけたのだそうだ。しかし、その風習も明治時代には衰退してしまったため、2012年、三寺が「京都三弘法霊場会」を結成して、復興にのりだした。
京都三弘法

いまでは菅笠、金剛杖、納札箱の現物にかえて、それぞれのミニチュアのついたストラップが授与されている。


にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ←ブログランキングに参加中。応援クリックお願いします。

もうひとつの空也上人立像 「月輪寺」

空也

昔から火伏の神様として京都の住民の信仰を集める愛宕神社
その愛宕山頂に向かう裏参道の中腹に、今にも朽ち果てそうな風情の月輪寺がある。
険しい山道を延々と歩いていくしかないこの隠れ寺に、六波羅蜜寺のものとは違う
もうひとつの「空也上人立像」が安置されている。
服装や持ち物、大きさはほぼ同じだが、六波羅の空也上人が祈るような穏やかな表情なのに対し、
月輪寺の上人は眼光鋭く荒々しい情念が強く感じられる。
口から吹き出る六体の仏像は、六波羅が一線上に六体並んでいるのに対し、
月輪寺の上人は三体ずつ二方向に吹き出ている。
写実的な完成度は六波羅には及ばないもののなぜか心魅かれる一体だ。


にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ←ブログランキングに参加中。応援クリックお願いします。

「北大路おたぎ」 5月の料理から

おたぎ5月

月に一度のお楽しみ、「北大路おたぎ」さん、
今月も心づくしのおまかせコース、堪能させていただきました。
5月のお料理の中から珠玉の一品は京都の夏の風物詩「鱧」
鱧は 「梅雨の水を飲んで育つ」と言われるように旬には少し早いので、
うすく油をぬって炭火で軽くあぶってあるのだそうです。
さっぱりとした鱧に梅肉とわさびの風味が絶妙、京の夏の訪れを感じさせる一品です。


にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ←ブログランキングに参加中。応援クリックお願いします。

「おおきに」さんでノドグロ

おおきに


毎日の筍掘りの重労働でへとへとの私、同じく筍農家のお隣さんご夫妻とプチ慰労会
中京区御前通り松原下ルのお気に入りすし屋「おおきに」さんにおじゃました。
このお店は、お寿司がおいしいのはもちろんのこと、、
目利きの大将がその日に仕入れた新鮮素材の一品料理がまた素晴らしい。
この日は錦織圭選手でおなじみとなった「ノドグロ」の焼き物も出していただいた。
油が乗っていて連日の疲れもぶっ飛ぶ美味しさだ。


にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ←ブログランキングに参加中。応援クリックお願いします。

「北大路おたぎ」 4月の料理から

おたぎ


月に一度のお楽しみ、「北大路おたぎ」さん、
今月も季節を映した心づくしのおまかせコース、堪能させていただきました。
4月のお料理の中から珠玉の一品はこれ
「焼タケノコ花山椒添え」
予め湯がいた上質な京タケノコを醤油ベースのタレを塗りながら炭火でじっくりあぶったもの。
たっぷりと乗せられた鮮やかな緑の花山椒が芳醇な京タケノコの風味をよりいっそう引き立てます。
タケノコ生産者の私にとっては食べ飽きている素材なのですが、さすがはプロの技、そんな私をも唸らせるご主人渾身の一品でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ←ブログランキングに参加中。応援クリックお願いします。

2015 京タケノコの初堀り

たけのこ

京都市西京区大原野にあるタケノコ農家の我が家
本日よりタケノコの収穫を始めることにした。
画像のごとくまだまだ小ぶりではあるが、色白でおいしそうなタケノコが採れた。
本格的な出荷はもう少し先、まずは我が家の食卓へ・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ←ブログランキングに参加中。応援クリックお願いします。

「北大路おたぎ」 3月の料理から

のれそれ


月に一度のお楽しみ、「北大路おたぎ」さん、
今月も心づくしのお任せコース、極上のひと時を堪能させていただきました。
3月のお料理の中から珠玉の一品はこれ 「なれそれの酢の物」
「なれそれ」とはあなごの稚魚のこと。関西では「べらた」ともいうらしい。
透き通っていてつるつると葛きりのような食感だが、よ~く見ると小さな黒点のお目目が付いている。
あなごの稚魚は初めてでしたがとても美味でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ←ブログランキングに参加中。応援クリックお願いします。
リンク
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。↑応援クリックをお願い致します。


しげ爺さんの竹工芸倶楽部

フェイスブックページはこちら しげ爺の見仏記

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター

    livedoor 天気
    プロフィール

    しげ爺さん

    年齢*半世紀以上
    趣味*もちろん竹工芸
    住所*京都の西山の麓
    特技*たけのこ堀り
    似ている人* 阿藤 快
    好きな食べ物*はならっきょ
    嫌いなたべもの*高野豆腐

    • ライブドアブログ